「 ヨーロッパ史 」一覧

「ヒトラーランド――ナチの台頭を目撃した人々」アンドリュー・ナゴルスキ著

「ヒトラーランド――ナチの台頭を目撃した人々」アンドリュー・ナゴルスキ著

「ジャーナリズムは歴史の最初の草稿( ” Jouranalism is the first rough draft of history ”...

記事を読む

「ビスマルク ドイツ帝国を築いた政治外交術」飯田 洋介 著

「ビスマルク ドイツ帝国を築いた政治外交術」飯田 洋介 著

ビスマルクというと最近はすっかり第二次大戦中のドイツ海軍の戦艦、しかも美女ということになっているが(ビスマルク - Google 画像検索結...

記事を読む

「ヒトラー・ユーゲント 青年運動から戦闘組織へ」平井正 著

「ヒトラー・ユーゲント 青年運動から戦闘組織へ」平井正 著

アドルフ・ヒトラー政権下のドイツでは、ナチ党の下部組織「ヒトラー・ユーゲント」に青少年が強制加入させられて、国家共同体への奉仕とナチズムの思...

記事を読む

「大聖堂・製鉄・水車―中世ヨーロッパのテクノロジー」ジョゼフ&フランシス・ギース 著

「大聖堂・製鉄・水車―中世ヨーロッパのテクノロジー」ジョゼフ&フランシス・ギース 著

ヨーロッパの中世を「暗黒時代」、すなわち「暴力と狂信と無知と停滞の時代」とする見方はすでに否定されている。確かに絶え間なく続く戦争と、キリス...

記事を読む

「英雄はいかに作られてきたか フランスの歴史から見る」アラン・コルバン 著

「英雄はいかに作られてきたか フランスの歴史から見る」アラン・コルバン 著

フランス史上の国民的英雄・偉人たちの多くが十九世紀、国民国家フランスの誕生とともに「つくられた」。偉人が誕生し、称揚され、そして国民的英雄と...

記事を読む

「ヴァイキングの経済学―略奪・贈与・交易」熊野 聡 著

「ヴァイキングの経済学―略奪・贈与・交易」熊野 聡 著

ヴァイキングという言葉から連想される一般的なイメージは、欧州沿岸を容赦なく略奪してまわる北方の荒ぶる海賊たちだろう。角の生えた冑(かぶと)を...

記事を読む

近世オーストリアの名将プリンツ・オイゲンの戦争と生涯まとめ

近世オーストリアの名将プリンツ・オイゲンの戦争と生涯まとめ

第二次世界大戦時の軍用艦艇を擬人化した人気ブラウザゲーム「艦隊これくしょん~艦これ~」にその名を由来とする旧ドイツ海軍重巡洋艦のキャラクター...

記事を読む

「ハプスブルクとオスマン帝国-歴史を変えた<政治>の発明」河野 淳 著

「ハプスブルクとオスマン帝国-歴史を変えた<政治>の発明」河野 淳 著

十六世紀初頭から十七世紀末にかけて、神聖ローマ帝国=ハプスブルク家は強大なオスマン帝国の侵攻を撃退し続けた。フランスのように絶対主義体制の構...

記事を読む

「革命前夜の地下出版」ロバート・ダーントン 著

「革命前夜の地下出版」ロバート・ダーントン 著

フランス革命前夜、十八世紀のフランスにおいて禁書、海賊版を流通させる地下出版の国際的なネットワークがあった。誹謗中傷、反権力、ゴシップ、性的...

記事を読む

イギリス重商主義時代の貧困観

イギリス重商主義時代の貧困観

封建制の崩壊 十四世紀中葉までに進んだ様々な社会的経済的政治的変化――農耕地から牧場地への転換、マニファクチュアの成長、地中海貿易の拡大、...

記事を読む

NO IMAGE

中世英国(イングランド)の貧困弾圧・強制労働法令「労働者条例」について

朴 光駿 著「社会福祉の思想と歴史―魔女裁判から福祉国家の選択まで (MINERVA福祉ライブラリー)」(P37-44)よりまとめ 労...

記事を読む

「スペインの黄金時代」ヘンリー・ケイメン 著

「スペインの黄金時代」ヘンリー・ケイメン 著

ひとは自身が属すると考える国、地域、民族、共同体の歴史の中に「黄金時代」を想定するものらしい。いつが「われわれの歴史」の「黄金時代」と考える...

記事を読む

NO IMAGE

古代ローマから英国海軍まで欧州を中心に近代以前の海戦の歴史

序章 船の誕生 船の誕生がいつのことだったか、はっきりとしたことはわからないが、少なくとも紀元前八千年頃にまで遡ることが出来る。 有...

記事を読む

1707年グレート・ブリテン連合王国成立に至るスコットランド・イングランド対立の歴史

1707年グレート・ブリテン連合王国成立に至るスコットランド・イングランド対立の歴史

スコットランド王国成立前史 およそ八世紀頃までにスコットランドには主に五つの民族が定住するようになった。ピクト人、スコット人、アングル人、...

記事を読む

「ジョージ王朝時代のイギリス」ジョルジュ・ミノワ 著

「ジョージ王朝時代のイギリス」ジョルジュ・ミノワ 著

1714年、アン女王の死によって神聖ローマ帝国の選帝侯の一人ハノーファー公ゲオルグ1世が英国王に迎えられ英国王ジョージ1世に即位、ハノーヴァ...

記事を読む

「民衆の大英帝国―近世イギリス社会とアメリカ移民 (岩波現代文庫)」川北 稔 著

「民衆の大英帝国―近世イギリス社会とアメリカ移民 (岩波現代文庫)」川北 稔 著

十七・十八世紀に英国から新大陸アメリカへ渡ったのはどのような人々だったのか?本書は移民の出自調査から当時の英国階級社会の実像を分析し、社会階...

記事を読む

「ナポレオン帝国 (ヨーロッパ史入門)」ジェフリー・エリス 著

「ナポレオン帝国 (ヨーロッパ史入門)」ジェフリー・エリス 著

ナポレオンである。フランス革命後の混乱の中でその軍事的才能を認められて民衆の支持を受けて世襲皇帝にまで上り詰め、列強を次々と降して欧州の大半...

記事を読む

「神聖ローマ帝国 1495‐1806 (ヨーロッパ史入門)」ピーター・H・ ウィルスン 著

「神聖ローマ帝国 1495‐1806 (ヨーロッパ史入門)」ピーター・H・ ウィルスン 著

「神聖ローマ帝国」は実に茫洋としている。ヴォルテールが評した有名な「神聖でもなければ、ローマ的でもなく、そもそも帝国でもない」という言葉の強...

記事を読む

バイエルン王家ヴィッテルスバッハ家の歴代君主まとめ

バイエルン王家ヴィッテルスバッハ家の歴代君主まとめ

ヴィッテルスバッハ家前史 ヴィッテルスバッハ家はドイツの名門で、主にバイエルンを738年に渡って統治した王家として知られる。現在のドイツ南...

記事を読む

フィボナッチの登場、レヴァント貿易の隆盛、複式簿記の誕生、そして十六世紀欧州の数学革命

フィボナッチの登場、レヴァント貿易の隆盛、複式簿記の誕生、そして十六世紀欧州の数学革命

レオナルド・フィボナッチ 『インドの九つの数字は9、8、7、6、5、4、3、2、1である。これら九つの数字とアラビアではzephirium...

記事を読む

スポンサーリンク