「 海外文学・小説 」一覧

「ある小さなスズメの記録」クレア・キップス 著/梨木香歩 訳

「ある小さなスズメの記録」クレア・キップス 著/梨木香歩 訳

しばらく梨木香歩作品を読んでいなかったなと思い彼女の著作を検索していて見つけた本。梨木香歩の翻訳って珍しいな、と手にとってみるととても良い一...

記事を読む

「すばらしい新世界」オルダス・ハクスリー 著

「すばらしい新世界」オルダス・ハクスリー 著

ずっと読みたいと思っていた。1932年に描かれた本作はディストピア小説の傑作として、オーウェルの「一九八四年」と並び称されることも多い。その...

記事を読む

資本論に次ぐ影響を与えたという十九世紀末のユートピア小説「かえりみれば――二〇〇〇年から一八八七年」エドワード・ベラミー 著

資本論に次ぐ影響を与えたという十九世紀末のユートピア小説「かえりみれば――二〇〇〇年から一八八七年」エドワード・ベラミー 著

1888年に米国で出版され、「アンクル・トムの小屋」と並ぶ大ベストセラーとなった小説にエドワード・ベラミー(1850~1898)の「かえりみ...

記事を読む

「ジーキル博士とハイド氏 」ロバート・ルイス・スティーヴンスン 著

「ジーキル博士とハイド氏 」ロバート・ルイス・スティーヴンスン 著

この作品ほど、謎や真犯人が知られているものはないだろう。その謎を知る人のうち、原作を読んだことがある人の数はかなり少ないであろうにも関らずだ...

記事を読む

「タイムマシン」ハーバート・ジョージ・ウェルズ 著

「タイムマシン」ハーバート・ジョージ・ウェルズ 著

ジュール・ヴェルヌとともに「SFの父」と呼ばれるハーバート・ジョージ・ウェルズによって1895年に発表されたSF文学の古典。タイム・トラヴェ...

記事を読む

「フランケンシュタイン」メアリー・シェリー著

「フランケンシュタイン」メアリー・シェリー著

以前、『「地獄への道は善意で舗装されている」ようなストーリーの作品を教えてださい!ジャンル・媒体なんでもいいです!』という「人力検索はてな」...

記事を読む

「ロボット(R.U.R.)(岩波文庫)」カレル・チャペック 著

「ロボット(R.U.R.)(岩波文庫)」カレル・チャペック 著

チェコの劇作家カレル・チャペック(1890-1938)によって1920年に発表されたSFの代表的古典作品の一つ。現在、広く使われる「ロボット...

記事を読む

「動物農場―おとぎばなし (岩波文庫)」ジョージ・オーウェル 著

「動物農場―おとぎばなし (岩波文庫)」ジョージ・オーウェル 著

人間たちを追いだして動物たちによる平等な農場「動物農場」を築いた動物たちの社会が、次第に恐怖政治へと転換していく様を描いたディストピア小説の...

記事を読む

「不思議の国のアリス (ちくま文庫)」ルイス キャロル著/柳瀬 尚紀訳

「不思議の国のアリス (ちくま文庫)」ルイス キャロル著/柳瀬 尚紀訳

不思議の国のアリス (ちくま文庫)posted with amazlet at 14.08.20ルイス キャロル 筑摩書房 売り上げランキン...

記事を読む

「愛について語るときに我々の語ること」レイモンド・カーヴァー著/村上春樹訳

「愛について語るときに我々の語ること」レイモンド・カーヴァー著/村上春樹訳

愛について語るときに我々の語ること (村上春樹翻訳ライブラリー) レイモンド カーヴァー 「頼むから静かにしてくれ」「怒りの季節」に続くレ...

記事を読む

「バースデイ・ストーリーズ」村上 春樹 編・訳

「バースデイ・ストーリーズ」村上 春樹 編・訳

バースデイ・ストーリーズ 村上 春樹 村上春樹が誕生日をテーマに海外の短編を集めたアンソロジー。 実は全般的に良いと思える作品は少なかった...

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク

注目の記事